BUNDEUXのもっと幸せ WEEKLY MAGAZINE
もっと自由で素敵
【看護師My Style】転職・働き方発信ブログ
看護

看護師 面接 落ちたのは何故?落ちた理由からわかる採用のポイント

書類選考をパスして、いよいよ面接。採用条件をクリアしてのこの機会、「もう大丈夫かな」と思っても、まさかの不採用ということもあります。

面接に落ちた時、その理由をしっかり分析したことがありますか?

 

落ちたことなんてさっさと忘れて次に進む方がいいのでは、、、

その通り・・なのですが、面接はあなたと医療機関側とのマッチング。お互いに相思相愛の気持ちがわかないと上手くいくものもいかないのです。

 

つまり上手くいかなかったなら、しっかり次の対策と準備をしておかないと “同じ落とし穴” で大事なチャンスを逃してしまうことに。

意外と無意識に面接に不利な発言をしていたり..

 

「自分では見えない面接での落とし穴」あったらさっさと補修してしまいましょう!

今回は、面接落ちたのは何故? その”落ちた理由” から分析する、面接採用のポイントについてお伝えします。

看護師 面接 落ちたのは何故?落ちた理由

 

転職中 看護師
転職中 看護師
応募条件を満たしていれば、採用の条件はクリアしているはずなのに、落ちて不採用となるのはどうして?

落ちたケースに多くみられるにその理由には、大きく4つのパターンがあります。

条件に達していない

応募条件に記載の必要なスキル、経験などの条件。看護師募集では、必要な人材を早く採用したいという場合がほとんどで、一般には応募しやすいように条件は広く設定されることが多いでしょう。

その条件で募集はしていても、実際にはその条件における洗練度だったり、それにプラスのスキルや能力が求められていることがあります。

 

基本の条件を満たしているならば、採用の可能性はあるわけですが、他の応募者と比べた場合にはそのスキルの熟練度や経験値、より病院のニーズに応えるプラスの要素がなければ採用が難しくなります。

 

マッチングしない

たとえ病院側の条件をみたし、人材としてプラスの要素があったとしても、その時の病院側のニーズや優先順位に当てはまらず、採用には至らないことがあります。

 

応募条件に記載されない、病院側のニーズどんなこと?

 

  • その分野での即戦力となる必要な熟練したスキルと経験
  • 経験値よりルールのもと業務にスムーズに従事できる人
  • 病院を一新するのにふさわしい新鮮な人材
  • 長く働くことが期待できる人
  • 休日出勤など柔軟な働き方が可能な人
  • 看護師の仕事に限らないフレキシブルな対応力
  • 接遇経験やコミュニケーション能力..etr

クリニックなどの小規模の病院では、即戦力や経験を重視するケースが多いですね。ですが病院の方針で、逆に新しいやる気のある人材を求める場合。また、スタッフ教育に力を入れている施設では、そこでの貢献が期待できるような人材に価値をおくケースもあります。

あるいはその医療施設の特色に合わせて、足りない部分を補充するような募集。この場合では各々に応じた人材を求めます。よりフレキシブルな働き方のできる人であったり、都心のホテル並みの施設では、看護師のVIP対応といった接遇経験のニーズもあります。

 

応募条件だけでは見えない病院の求めるスタッフ像。基本の条件はクリアしていても、病院のその時求めている人材とは方向性がズレていると判断されれば、採用がむずかしくなります。

 

長く働いてくれそうにない

基本的には、どの医療機関でも長くそこで働いてくれるスタッフを求めます。その期待が薄い場合はマイナスととられることもあるでしょう。

 

長く働いてくれないかもしれないな、と思わせる要因は?

 

  • 転職回数が多い
  • 子育て、介護など家庭との両立が必要
  • ライフイベントの多い年齢
  • 違う職場、経験分野からの転身
  • ブランクがある

子育て中あるいは家庭での介護と仕事の両立が必要な場合では、続けるハードルが高く「辞める可能性が高い」ととられたり。

女性にとってライフイベントの多い時期も辞めやすいという見方がありますね。

 

また、転職が多い、他の分野からの転身、またブランクがあるケースなどでは、同じ分野からそのまま移行してくる人に比べると、続けにくく辞めやすい要因と捉えられる場合があります。

採用枠がせまい

面接は応募者全員に対して行われるものと、書類選考を通過した人のみの場合があります。選考の場合では応募条件はすでにクリアしているととれるので、本来採用の確立は高いことになります。

ですが、応募条件には達していても、そもそも採用枠が少なかったり、応募者が多く比較検討での選考となれば、不採用になる確率は必然的に高くなってしまいますね。

 

採用はその時のタイミングにより、ハードルが高いケースもでてきます。

 

落ちた理由からわかる採用のポイント

面接はマッチング。相手の条件とこちらの条件とを照らし合わせる作業。そしてお互いの希望がかなうよりよい状態がこれから先にみえてくるかです。

採用に至らないのは、このことを阻止する要因でとどまってしまったから
落ちた理由はここにある場合が多いのです。

 

大事なことは、マイナスととられがちな不利な要因 “あなたの欠点” も、相手のニーズとして自分に落とし込んでみること。そこからプラスの発想にかえて相手に伝えられるかです。

 

結果、病院側がプラスにつながるものをあなたに見い出すことができれば、結果はかわってきます

 

採用の決めて、 自己PR

そして最後に不利な条件も払拭できるかもしれないPRの大事さ。

「落ちた理由」にあるような、不採用につながるような要因があったとしても、あなたのPR力が功を奏する場合があります。

 

基本的な条件を満たしているなら、後は あなたが “その病院で一緒に働きたい人材”か、そしてあなたも “ここで働きたいと願う意思が示せるか” にかかっています。

PRは、過不足なくあなたの情報を相手のニーズに合わせて的確に伝え、よいイメージをもってもらうことにあります。

 

そのためには欠点をプラスに変えて取り組むような、前向きな意思が相手に伝わるPRを心掛けるのがポイントです

 

《伝え方のポイントは》

条件にあるスキルや経験は求められるニーズに合わせて、客観的に過不足なく伝えること。

 

条件にないプラスになる経験などを持ち合わせる場合、相手のプラスになるかという視点でPRにつなげること

 

不利になる条件を問われる場合、前向きな気持ちにのせて相手のプラスとなるような表現にかえて表現すること

 

おわりに

これまでに面接に落ちた経験があるとしても、あなたの人間性や看護観を否定されたわけではありません。条件でクリアしていたのなら、採用された人と比べて、少し面接の準備が足りなかっただけ。

「何故だめだったのか」をしっかり分析し万全の準備をしたうえで、次へと活かしていくことを考えてくださいね。

 

面接は “何を問われるか、どんな面接官なのか” その場にならないとわからない生のステージ。しっかりと準備ができたら、あとは落ち着いて舞台に立つだけです。

準備していれば、相手の心をとらえる確率はぐっと高まりますよ。

 

もしだめでも・・・! 準備してだめなら、縁がなかったのだとあきらめて次に向かっていく気合も必要です。

面接は仕事を勝ちとる大きなチャンス。今回の記事での採用のポイントをぜひ次に活かしてくださいね。

 

 

 


にほんブログ村


看護ランキング