BUNDEUXのもっと幸せ WEEKLY MAGAZINE
もっと自由で素敵
【看護師My Style】転職・働き方発信ブログ
看護

【看護師復職ブログ】ブランクナースの悩み、復帰への不安解消~相談編

子供も大きくなってきたし、そろそろ仕事に復帰したいな。」「でもブランクあるし、大丈夫か心配...」など、ブランクからの復帰には、不安や悩みがつきもの。

 

でも迷ったり、悩んだりしている間に、その大事なタイミング失ってしまいたくないですよね。いらない悩みや不安は早く解消して、復職のための準備に備えましょう。

 

ただ復職するだけなら別ですが、あなたが満足のいく復職成功を目指すなら事前の対策が必要です。

 

あなたの働き方に合う仕事探しから面接、採用~就職まで、万全の体制でのぞむことで、あなたが良い職場と出会う可能性を高めます。

 

ブランクからの復帰に向けて、あなたの悩みや不安を解消する”復職成功のヒント”、今回は~相談編をお伝えします。

 

 

ブランクナースの悩み、復帰への不安解消 ~相談編

相談 というと、「自分で大丈夫」、「気持ちはあるけどなかなか...」と思ってしまうかもしれません。単に仕事を得るだけならそれでもいいでしょう。でもここでいうのは「復職成功」へ向けてということ。

 

本当に満足いく仕事に就くためには、「あなたの本当に希望に合う医療機関」を効率よく探す必要があるのです。

 

ブランクがあると、不安を抱きがち。復帰を阻む要因...、経験の浅さや育児など、家庭との両立。そこに目がいくと、自分でも知らず知らずのうちに、本来の目標とは違う安易なゴール設定に変更してしまうことがあります。

 

しかし、ブランクからの復帰で、自分への引け目を感じていては、その成功にはつながりません。あなたの引け目はマイナスとは限らないのです。逆にあなたがいいと思っていることが、プラスに働かないこともあります。

 

医療機関によって、求める条件、期待することも違います。相手の期待するポイントをつかんだ上での、あなたの「強み」そのアピールポイントをしっかり引き出していく。

そのためにも、一人で考えるより、就職に詳しい人に相談しアドバイスを得ながら進める方が効果的なのです。

 

 

アドバイザーと相談するメリットその3つ

1.目的をはっきりさせ、方向性を見出せる

復職を考える時、一番大切なことは「どうしてもう一度看護師として働きたいのか」、その目的をはっきりさせることです。自分のなりたい “看護師像” を目指せる職場で働くことは、やりがいや、いきいきと仕事を続けていけること繋がります。

 

相談を通して、必要な情報やアドバイスを受けながら、「看護師としてどんな働き方で、どのような医療機関に就職すればよいか」じっくり考えていくことは、これからの方向性を見出すのに有用な方法です。

 

話をしながら、自身の復職する目的がはっきりしたり、逆に明確でない部分がみえてきたりするでしょう。また、あなたの意向を冷静、客観的にみてもらうことで、相談をしているうちに、視野にはなかったキャリアプランに気づくこともあります。

 

一人では見えない、看護師としての将来性が広がることもあるのです。

 

一人でよりも、復職へ向けて、その道順を確かめながら進むことができ、目標がぶれずにすみます。何より心強く、自信をもって就職活動することができます。

 

悩んでいるような場合には特に、先ずは相談サポートを受けてみるとよいでしょう。

 

 

2.客観的な視点を得ることができる

 

実際の応募では、「採用側が応募者に期待するポイント」をしっかり把握することが大事です。このポイントを知っておくことで、”採用側の求める人物像” として自分自身をしっかりとアピールすることができます。

 

ここで大事なのは、自身を客観視してみれるかです。相手の期待するポイントを押さえた上で、あなたとのマッチングを考えなくてはいけません。

 

『希望の仕事に就く』、復職成功には戦略が必要です。

 

 

3.有用な情報を得られる

 

復職成功は、”あなたが有用な情報” をいかに集められるかです。情報をいかに集め、比較し、利用するかで成功するかどうかが決まります。

 

情報とは、希望する医療機関の労働時間、仕事内容、教育体制、福利厚生などです。これらの情報を、事前にしっかり把握して就職にのぞめば、希望の仕事を得る可能性がぐっと高まります

 

相談サポートを活用すれば、、あなたの希望や条件に合った職場を探す手助けを得ることができ、復職成功への強い味方となります。

 

 

相談サポートを受けるには

「相談サポート」を得られるのは、主に、ハローワークなど就労を支援する公的な機関、看護協会やナースセンター、民間の転職エージェント・転職サイトです。それぞれに扱っている内容や特徴が異なるので、これらを、合わせて利用するのが良いでしょう。

 

復職は、それまでの経歴により目指す仕事もかわります。情報提供だけでなく、あなたのことを考えた的確なアドバイスを、あなたに合ったペースで提供するコンサル重視で選ぶなら、民間の転職サービスを活用するのが一番です。

 

会社によって、特化した分野や、パートや派遣、単発に強いなど特色があるで、あなたの希望に沿った条件に合う転職サイトに登録し活用してみるとよいでしょう。

まとめ 

復職成功へ向けて、今回の「復帰への不安解消~相談編」いかがでしたか?

 

復職のための活動は一人でも可能ですが、アドバイザーと二人三脚。共に進めるほうが、だん然有利です。

 

ただ相談したらいい、という意味ではありません。復職成功を考える時、「あなたを客観視し、市場価値として引き出すこと」が欠かせないからです。

 

看護市場は今、売り手市場。働き手の方が足りていないので、ブランクがあっても仕事だけ探すのなら難しいことでもありません。けれど、せっかくの、”もう一度ナースとして働くチャンス”。今のあなたを最高に活かして清々しい出発をきりたいと思いませんか。

 

ブランクからの復帰だからこそ、自分が満足し、納得いく就職先を見つけることができれば、今後の看護師人生は充実したものになるはずです

 

復職を成功させるかは、”自ら取り組むか、取り組まないか”にあります。大事なのは、その心意気。パッションの熱さです。

 

その気持ちは、あなたサポートする周り人のチカラも引き上げます。その「やるだけやった」という気持ちで取り組めば、たとえダメでも、その時は、”今回は縁がなかったのだな” と割りきって、次へ進めばいいのです。

 

この記事をヒントに、復職へ向けての方法を知り、あなたの復職成功に向けて役立ててもらえたらと嬉しく思います。

 

 


にほんブログ村


看護ランキング