BUNDEUXのもっと幸せ WEEKLY MAGAZINE
もっと自由で素敵
【看護師My Style】転職・働き方発信ブログ
看護

看護師 向いてない 辞めたい ”辞めた幸せ”  ”辞めない幸せ”

“看護師辞めたい” ”向いてないかも” 一度は思ったことないですか?

 

辞めることはできる、でも辞めない選択もある、迷いますよね。
がんばってとった看護師の免許、目指してた看護師さんのイメージ。

 

実際はちょっと違ってたり、もう辛くて泣きたくなったり。
辞めたくなった時って、”辞めたい”ことだけを考えてしまう。

 

でもちょっと待って

 

“看護師向かない、辛い”のは、何もあなたのせいじゃない。働き方や働く場所をかえたら、上手くいくことだってありますよ。せっかくとった看護師の資格、抱いた気持ち。
無駄にしてほしくないな、って思います。

 

辞めることで広がる”辞めた幸せ”。でも”辞めない幸せ”もあるかもしれない。大事なのは辞めることじゃなくて、辞めたあと。

 

実際辞めてみて感じたこと、この記事があなたの大切な人生の、お役にたてたらうれしいです。

 

看護師 辞めたい 向いてない、、その理由は?

看護師を辞めたくなる時期、やっぱり一年目。新人の時は先輩に怒られるし、夜勤は緊張するし、覚えることも山ほど、いちばん辛いときですよね。

でも2年目になると、「あっという間に過ぎた」と感じる人が多いです。そして仕事に慣れた3年目にまた増える、、。

 

知ってましたか?80%の看護師が「辞めたいと思ったことがある」という調査。だから、良くも悪くも看護師って、そういう仕事なのかもしれません。だから、特別あなただけだと悩まないで。

 

でも、どうして辞めたくなるの?

 

その理由は

 

仕事がきつい辛い・・・

看護師を辞めたいと相談に来る人の大部分が、「とにかくきつい、辛い」との理由なのです。

  • 夜勤がきつい
  • 人手不足で勤務がきつい
  • 休みがとれない
  • 夜勤がきつい
  • 勤務が終わっても、すぐに帰りずらい
  • 仕事がきついのに給料が安い

そうですよね、病院勤務は特に、当てはまりますね。

 

“夜勤辛かったな~、すわる暇もなくて、足がくたくただった

 

人間関係の悩み

人間関係の悩み、職場ではどこにもあるものですが、看護の世界は女性中心、看護学校からの先輩・後輩もあったりして他にはない、独持の環境があります。出入りするのも病院関係者が中心。他の会社と比較すると、閉ざした社会なのかもしれません。

 

チームワークの仕事だから、人間関係がうまくいかないと、やっぱり仕事が辛くなってしまいますよね。

 

「意思疎通が上手くいかない・・」そんな人間関係の悩み。いじめや派閥という理由も、、。これは個人の問題ではなく、病院の体制に大きく原因があります。

 

“病院自体の体質が悪い、改善されない場合は、辞める早い決断も必要、そういう時もやっぱりある・・

 

責任の重さ

「責任の重さに耐えられない」、「患者さんや家族からのクレームが怖い」といった声。看護師の仕事は人が相手。ダイレクトに相手の反応が返ってくる仕事です。

 

それに人の生命に関わるのだから、とても責任を感じますよね。でもだからこそ、人と親身に触れ合え、信頼も生まれる仕事です。

 

いつもどこかで緊張している、気が張る仕事ですよね。これは働く分野にもよるので、過度に神経質になって悩むようだったら、今とは違う分野での働き方を考えてみるのもひとつ。

 

“あの夜中に響く心電図モニターの音が苦手だったな。重症な患者さんがいる時の緊迫感、忘れられない。

 

 

看護師 辞めた幸せ 辞めない幸せ

人との親身な触れ合いのある反面、人とその命に関わるから、責任の重さを感じる看護師の仕事。だからその分、仕事がきつかったり、悩まされたり、責任の重さを背負ってしまったりするんですよね。

 

そして、その「辞める選択」をした看護師、その30%が再就職を果たしています。再就職希望の人数とすれば、もっと多くなる数字ですよね。

 

看護師の仕事をもう一度選ぶ理由とは

 

1.看護師の仕事は他の職種より給与が高かったから

重労働とはいわれるものの、他の女性一般職から比べると、看護師の給与は高い。パートや単発でも、資格がある分他の職より高いので、比較すると、看護師の仕事の方がいいです。

 

再就職のきっかけは、「家計のため」という理由が一番。そういう面でも、他の仕事よりも看護師の仕事が有利です。

 

2.やはり看護師はやりがいのある仕事だから

辛くてやめた仕事なのに、やっぱり看護師にしかないよさもあるのですよね。看護師でないと味わえない達成感、やりがいってあります。一度、現場から離れたからこそ感じるものなのですよね。

 

看護師の仕事が嫌いでやめたわけじゃないという人多いです。

 

私も、辛いこともあったけど、一番心に残っているのは、患者さんからの温かい言葉だったりします。

 

3.一度辞めてもまた始められる仕事だから

今、看護師の仕事に復帰する人は40代で伸びています。出産や子育てのライフイベントも落ち着いて、もう一度働きたいと考える人が多いのですね。

 

看護師の仕事は、資格さえあれば、いつでもどこでも仕事するチャンスがあります。勤務形態も単発~パート、派遣、正社員までいろんな働きかたを選べるので再就職しやすいです。

 

せっかくの資格です、できれば活かしたいという気持ちもありますよね。

 

 

 

辞めたい時、 今とは違う働き方もある

看護師は年に10%以上の人が辞めていく。
80%の看護師が辞めたいと答える仕事だから、そういう面も含めての看護師の仕事なのです。

 

辞めたい時には、気持ちに流されず 辞めたい理由を整理する

  1. 先ずはどうして辞めたいんだろう、続けるのがムリなのは何故?
    それを、全部書き出す。

  2. 理由がみえたら、次はそれを改善できないか方法を考えてみる。

  3. 原因がわかれば、その改善方法や次への選択肢がみえてきます。原因がわからなければ、何も変えられず、次へのステップにもつながりません。

 

例えば、「過酷な労働、休みが取れない」などの理由であれば、働き方を相談してみる。改善が期待できれば、続ける道もみえてきます。

 

働き始め一年目に多い、辞めたい理由、「向いてない」。「ミスが多い。人と比べてできない、物覚えが悪い...」私も、そんな自分がイヤになってしまうことありました。でも今思えば、あの頃必至だったから、、の悩みだったかもしれません。

そんな時は、同期の仲間や励ましてくれる先輩、サポートしてくれる人が心強い味方です。

 

もし、今の職場では改善がムリだとしたら、

  • 職域が広い看護師の仕事。看護師として働くにしても、職域が変われば、仕事の内容も変わります。あなたに合った働き方、仕事を探してみるのもひとつです。

  • 看護師の資格でできる仕事は病院やクリニックだけではありません。介護の仕事から、健康、保健、衛生に関わる仕事、イベントの救護やコールセンター、企業内での健康管理の仕事など働き方は様々です。

 

このような、働き方を変えて看護師の資格を活かしていく方法もあります。

 

 

一生の価値、看護師の資格

看護師って女性にとって一番いい仕事、ずーっと教訓としてある気がします。だけど大事なのは、あなたが日々イキイキと楽しくいれること。

 

辞めた時、辛いことや悩みから解放される 辞めた幸せそして辞めたあとのそこにも幸せがみえるなら、その先に進む道があると思います。

 

でも、辞めない幸せにも心をとめてみてくださいね。あなたの辞めたい理由が改善できるなら、辞めない選択もあります。

 

辞めたい、その気持ちだけで、幸せを追いかけて、後悔してほしくはありません。だから、よ~く、辞めたいイヤな気持ちにも目を向けてくださいね

 

そうして違う道を選んでも、看護師の資格はあり、その価値はずっと失いません。またいつかあなたの助けになってくれるかもしれません。

 

辞めた幸せ、辞めない幸せ、どちらを選んだとしても、価値ある看護の資格、これからもずっと大事にしていきたいですね。

 

 


にほんブログ村


看護ランキング