もっと自由で素敵
【看護師My Style】転職・働き方発信ブログ
働き方

看護師辞めたいなら転職してもっと自由で素敵な働き方をつかもう!

看護師辞めたい!と思うことは誰にでも一度や二度あるはず。

辞めたいといいながら、仕事の大変さをのりきっていくことも必要だけれど・・一方で、あなたのおかれる状況を客観的に見るのも大事なことです。

 

環境は働く上でとても大切。だけど看護師は忍耐強い人が多いので、辞めたいと思いながらも受け入れてしまう人も多いのです。

もっと良くしたいと思えば、もっと色んな職場色んな働き方に出会えるのだから、看護師辞めたいなら転職して「もっと自由で素敵な働き方」をつかみませんか?

いい医療サービスはあなたの心地よさから

「これくらいは仕方のないことかな・・・。」とあきらめているとしたら、そこを変えることを考えてみて。

 

病気の人のお世話に、体が不自由な人のサポートをしたり、痛みをやわらげたり、こういった医療や看護それに介護やリハビリ・・

そういう医療に関わるの人は、自分たちが疲れていてはいい仕事はできません。

 

もし、「給料」「休日」「残業」などの仕事を続けるうえで、負担の大きさを感じる職場環境があるなら転職は考えるべきことなのです。

そんなものかな・・、と当たり前にならないで、客観的にあなたのおかれる状況を見直してみることは必要ですよ。

  • 労力に合った給料や賞与をもらっている?

  • しっかりと休日は確保できている?

  • 残業が当たり前になっていない?

医療に関わる仕事は、本人の心と体が安定し心地良くいられることでいいサービスができるもの。医療は、整えられた快適な環境で行われるべきなのです。

看護師辞めたい理由は・・

実際、看護師を辞める人の多くの理由は「看護師の仕事が辛い」といった理由から。

看護の中心は病棟での病気を看るケアが中心だから、看護の仕事がすきでも「夜勤のある生活」や「命に関わるプレッシャー」などに仕事の負担を感じる人は多いのですよね。

 

それに育児や介護など家庭の事情があると「仕事と家庭の両立」は、病棟の仕事では難しいというのもありますね。

新卒で卒業すると、2~3年は病棟で経験をつむべきと「病院への配属が基本」のように思うけれど、そこでつまずいてしまうのはもったいないこと。

 

本当はもっと色んな看護の関わりで色んな働き方ができるからです。

看護する本人が元気でいられる働き方じゃないと「ほんとにいい看護、いい仕事」なんてできないとは思いませんか?

転職してもっと自由で素敵な働き方をつかもう!

看護師辞めたい!なら積極的に別の環境や、病院以外の他の働き方も考えてみてもいい。

看護の関われる働き方を広く知ることで “病棟での看護のよさ” もわかるし「社会で必要とされる看護の役割り」もまた広がってみえてくるのではないでしょうか。

 

あなたが今を変えようと思うことで、働く幅も広がっていきますよ。

もっと自分から社会に関わっていきたいと思えば、看護師は「起業」だってできるのですからね。

転職は、働き方を変えていくこと

どんな職場で働きたい・・かでみえてくる、今の何を変えたいか・・?

そしてあなたはどんな働き方をしていきたい?

「夜勤のない生活リズムの整う働き方したい」・・・働く形態

「患者さんの命を預かるプレッシャーから解放されて働きたい」・・・仕事の種類

「上司や同僚との関わり…人間関係のいい職場で働きたい」・・・職場環境

「しんどくない自分に合った仕事で稼ぎたい」・・・仕事の方法

「給与はほどほど、ワークライフバランス保ちたい」・・・仕事の価値

etr… 

といったように “どういう風に働きたいか” から、転職したい先「目指すゴールの輪郭」もみえてくるもの。

転職で目指すゴールは “あなたの心地いい働き方” のできる場所。

自分に合う職場とは、不満を解消してくれる場所ではなく、不満と感じる要因を少なくした働き方で、あなたの心がプラスに動いていける職場です。

色々な働き方のできる看護の職場

看護師の活躍できる場所は思うより広いです。その働き方を知ると、今よりもっと広い視野で転職を考えることができるはず。

免許でできる仕事を広く探すなら、どんな分野で看護が必要とされるか考えてみる。そうすると、意外にも広く「看護師の免許が使える」ことに気づきます。

<病院以外の働く場所の例>

在宅医療で働く

訪問看護/訪問入浴

健診機関で働く

採血センター/献血車など

老人保健施設(老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護支援センター)/その他民間の有料老人ホームなど

社会福祉施設で働く

児童福祉施設/障害者保護施設/障害者施設等

地域の公共場所で働く

地域包括支援センター、地域相談員、健康相談窓口等…

教育施設で働く

保育園/幼稚園/インターナショナルスクール/大学の保健室

医務室で働く

企業内医務室/空港/検疫所/ホテル/アミューズメント施設/スポーツ施設…

旅行・イベントに添乗して働く

シップナース/ツアーナース/イベントナース…

企業で働く

製薬会社/医療機器メーカー/保険会社、栄養食品・サプリ関連の会社/介護用品・医療用品などの開発や販売メーカー/医療関連の人材派遣会社、医療コンサルティング会社/その他…の医療関連産業

 

上記は一例、シニアのためのマンションで「健康相談や入居者の健康管理」にあたる仕事など、「高齢化社会を意識した医療・健康へのサービス」は多様化し、看護師の活躍も今後の期待できる分野です。

看護師を活かして「訪問看護ステーション」を設立すれば起業もできる、自由に働くスタイルなら・・ 在宅での仕事、派遣でフリーランス etr…

病院では病気を看る看護。だけど病院を飛び出すと “病気を看るだけじゃない”、生活とくらしの中での看護ケア、介護から予防・健康に関わる看護の仕事がある。

そしてさらに、医療に従事してきた経験をいかせば、医療関連産業に関わる企業や会社にと、看護師をいかし働く場所が大きく広がります。

 

病院以外の働く場所を探すなら、実際の求人をみてみるといいですよ。

あわせて読みたい
看護師の求人は転職の支援サービス「転職サイト」を利用してみよう!転職を考えるとき、あなたはどんなふうに求人を探していますか? 仕事探しの方法も色々だけど、転職はもっといい方向に向かうためのものだから...

おわりに

これからは働き方が多様化してくる時代。

看護師の働き方も、病院での病気を看る看護が普通とはいえない日がやって来るのではないでしょうか。

 

職業は看護師だといったら「どこで働いてるの?」ではなくて「看護で何してるの?」といわれるくらい・・看護師の働き方が広がっていったら、

色んな場所で活躍するナースがいて、世の中元気になっていきそうではないですか?

実際、病院よりも病気になる前の「未病」「予防」の観点から、デパート内にウォーキングゾーンができたり、健康増進型のスポーツ施設ができたり。

「医療は病気になってからのものではなく、普段の生活から」と感じさせられるそういったとりくみ。

 

そういったところもナースの活躍の場があったりするのですよね。

 

これからは医療と健康それぞれへのとりくみの垣根が縮まってくるのかもしれませんね。

看護もまた、病気を看ることに偏らない”普段の生活に中での役割” があるのではないでしょうか。

 

望むことで広がる看護の色んな関わり、色んな働き方。今にとどまらず、あきらめず!もっと自分自身がいきいきといられる場所、働き方をみつけたいですね。

【看護師My Style】は、転職・働き方で悩むあなたへ向けて「働き方を知る・みつける・スタートする!」ための情報発信を通じ”もっと自由でもっと素敵”な「看護師My Style」の実現を応援するブログです。


にほんブログ村


看護ランキング