BUNDEUXのもっと幸せ WEEKLY MAGAZINE
もっと自由で素敵
【看護師My Style】転職・働き方発信ブログ
看護

看護士未経験40代の就職活動/① 経験なく不安、気になる就職事情 

未経験の看護師、看護師の免許はあるけど経験がない。

 

結婚や出産、病気、家族の介護等何らかの事情で働けなかったり、看護とは異なる仕事に就いたり、免許を取っても、実際に看護士として働いていない人は意外と多いです。

 

看護の仕事っていつでも需要がある。給与もほかの職種より高く、女性のライフスタイルにも順応しやすいのが魅力。だから、資格取得から数年経って、”やっぱり看護師として働きたいと考えるのですよね。

 

最近では特に、安定性を目指す風潮からか、転職して免許を取得する人もいる程、安定した人気の 看護の資格

 

看護士資格をもつ未経験の看護師”、そのニーズはあります。

 

「仕事はあるの?」、「資格だけで仕事ができる?」看護士不足とはいうけれど、実際、どうなのか気になる看護士の就職事情

 

40代の就活、不安もあるし...なお更です。

 

情報が入れば、”看護師としてできる何か” も見つかるはず。
知ることは、これからの安心にもつながります。

 

あなたが求めることで得られる情報、就職へ向けて多くのサポートあなたの背中を押してくれる心強いバックアップはたくさんあります

 

働きたいと思った時が仕事どき、さあ、40代の就活スタートしましょう。

 

 

 

看護師 未経験 40代 経験少なく不安、気になる就職事情

看護師就業者数は154万人。毎年3万人増ですが、まだまだ需要には足りず、看護師の求人倍率は2.7倍と10年間で2倍近くとなっています。

 

求職者は、特に40代以上で伸びをみせています。子育てが落ち着くこの年代にもう一度看護師の仕事を始めようとする人が多いのでしょう。一方、就職していない潜在看護師」の数は71万人、就業率は伸びつつも、今だ高い数値のままです。

 

団塊の世代が後期高齢者となり、看護師約200万人の不足が予測される2025年問題。国や自治体は今、将来の医療ニーズを見越し、あなたのような”眠れる看護師” の労力堀りおこしに動いています。

 

働きたい看護師に向けて、就労サポートを充実させ、一人でも多くの労力を引き出す方向にあるのです。また医療・健康に関連する産業は、今後の発展が期待される分野。今後はさらに、未経験であっても、看護師の働ける場は増えていくことが考えられます。

 

看護師の働き方は様々医療のあるところに看護師の需要はあり、望むことで、今後、働くチャンスの場も広がります。

 

資格だけ、経験がなくても、あなたに “看護師として仕事がしたい” という気持ちがあれば、その入口は開かれています。

 

看護師 就職へ向けての サポート

「資格を活かして働きたい。」、「やっぱり看護師の仕事がしたい。」、「あの時できなかったこと、もう一度挑戦したい」。

 

あなたが “看護師として働きたい理由” は何でしょう。

 

「どんな目的で、どんな風に働きたいか」自分に合った働き方を知るって大事です。あなたの、”看護師として仕事したい” その気持ちにそって、どういう働き方をしたいか考えてみてください。その上で方向性にそったサポートを得ることができます。

 

看護師として一からのスタートを目指すなら、新卒や中途採用者の為の、教育プログラムを備える大きな医療機関が考えに入ります。将来を見込む人材育成・確保の目的より一から人材を育成するシステムがあるのです。

 

未経験からスタートする場合、医療行為の少ない、健康管理がメイン、あるいは日常の介護ケアがメインの施設での仕事が考えに上がるでしょう。けれど、未経験者へのフォローアップを優先するなら、大規模の病院を視野にいれるべきです。

 

「未経験歓迎」と記してあるような医療機関では、指導体制が整っていて、看護師の知識・技術を高めるためのサポートを提供しているケースが多いでしょう。

 

一般に、クリニックなど小規模な事業所は、即戦力を求めるので未経験者には、難易度が高いのが事実。ですが最近の求人では、”丁寧な指導” や、”ブランク、未経験可”、”スタッフ教育の充実” など、広く人材を募集する場合も多くあります。

 

看護師の就職に関しては、周りのサポート体制も手厚く整っています。

 

就職については、より早い時期に、就労支援サポートを受けることができます。復職に向けたサポートは、各地の看護協会ナースセンターでも積極的に取り組まれており、復職支援の研修プログラムもあるので、積極的に活用するといいですよ。

 

あなたの就職をバックアップしてくれる「サポート」を上手く利用して、あなたに合った働き方、仕事探しに役立てましょう。

 

 

 それぞれのスタート、それぞれのステップ

以前働いていた診療機関で、未経験で看護師としてスタートした方がいました。別の仕事からの転職で、子育てしながらの看護学校通い、卒業後資格を取得したばかり、未経験、アラ40でのスタートです。

 

前の仕事は経理と接客がメイン。これからのことを考えての看護師への転身とのこと。「看護師の仕事をしたくなったから。」と転職の理由はシンプルですが、家事と育児をこなす中、看護師資格をとるというのは、強い意思と行動力あってこそのことです。

 

もちろん、全てがはじめてのスタート。「これから看護師としてやっていく」と強く望んでの転身。

 

大きい病院の方が、多く経験でき教育システムもしっかりしている。ゼロから知識と技術を得るなら、早い時期での病院勤務がベスト”、という選択もあったでしょう。

 

就職先を決めた理由は、育児や家事に過度な負担が掛からず、仕事との両立が可能、限られた分野でひとつひとつ技術を習得することから始められるから。何より、そこに”チャンス”があったから。

 

看護学校卒業後の進路は、就職のアドバイザーや家族とじっくりと考えて決めた。また、チャンスがあれば、全部面接を受けるような強い意識でのぞんだとのこと。

 

チャンスを逃さず、自身で決めた「立ち位置」でしっかり動く、そうすることで看護の仕事をつかんだのですね。

 

そういえば、看護学校を首席で卒業したのは、60代の方だったとか。始めることに年齢はなく、その人にとってのスタートの時がある と感じさせられます。

 

就職へのステップは人それぞれ、あなたにベストなスタートの時があります。

 

40代の就活を成功させるには

看護師として働くことを決めたら、どんな働き方をしたいのか、目的にそって考えてみてください。そこから、就職に必要なサポート支援をうけましょう。

 

看護師として仕事する方向性に迷いがあれば、就職の相談・アドバイスを受けてみるのもひとつです。

 

状況により、就職に必要なサポートも異なります。仕事探しに必要なサポート、家庭との両立に必要な協力、仕事先でのフォローアップ。あなたに必要なサポート体制のある医療機関を選ぶことも大切です

 

あなたに扉を開き、サポートの見込める医療機関を視野に入れた仕事探しが必要です。未経験者へのフォローなど復職へのサポートを提供した求人、”未経験歓迎かどうか”は、求人を探す上で不安を取り除く大事なチェックポイントになります。

 

看護師として仕事する強い気持ちと姿勢があれば、就職のチャンスはあります。

 

あなたに合った働き方での仕事。そのために必要とするサポート支援を上手に利用して看護師としての就職を目指しましょう。

 

おわりに

40代未経験の就職事情。人手不足だからといって、やはり簡単にきまるものでもありません。

 

公務員扱いとなる公立病院など、年齢制限を設けている病院や、診療の特色により、”年齢的に指導が難しい、即戦力が不可欠”との理由で断られるケースがあるのも事実。

 

一方、「この年代で新たなことに挑戦している、今後長く病院で活躍してくれそうだ」と肯定的に捉え、やる気ある人材として積極的に採用するケースもあります

 

40代の就職で大切なこと。結局最後は、人間性や前向きな姿勢、”ここで長く働いてほしいと思わせる人物か”どうか、ということです。

 

40代の就職は、条件的にやはり20、30代より難易度があがります。だからこそ、人間性の部分がとても大切なのです。

 

 「経験がない」だからこそ、チャンスがあったら、飛び込んでいくような、前向きで積極的な姿勢 。そして40代だからこその、今までの経験を活かした、あなたらしさを活かすことを忘れずに。

 

家庭のこと、育児のこと、別の分野の仕事、、。全てからくるその経験は看護士として仕事する上でも活きるはずです。経験からくる、仕事への前向きな姿勢は就活で必ずプラスに働きますよ。

 

ぜひ、40代の今ある “あなた” を最大限に活かし、これからの看護士としての道へ

そのチャンスをつかんでください。

 

 


にほんブログ村


看護ランキング