BUNDEUXのもっと幸せ WEEKLY MAGAZINE
もっと自由で素敵
【看護師My Style】転職・働き方発信ブログ
看護

ペーパー看護師 再就職への不安を解消したい!復職支援はあるの?

 ペーパー看護師  仕事の経験をあまり積んでいないのだから、「もう一度看護師として仕事しようかな」と考えるとき、不安が生まれるのは当然のですよね。

もし、不安が大きいのならそのぶん期待もある。真剣に考えている証拠です。

 

でも不安が...まずどうしたら?

 

不安だったら動いてみましょう。そこに止まっているより、気持ちも前に向きますよ。情報も入り、自分の中に留まらず周りが見えてきます。

何より知ることは、安心につながりますよね。今は、再就職へ向けて、あなたの背中をつよく押してくれる就職サポートが充実しています。

 

不安は、未来があるからこその期待。さあ、スタートしましょう。

ペーパー看護師 再就職への不安を解消したい!復職支援はあるの?

厚生省調べでは、看護師就業者数は154万人。毎年3万人増えているもののまだ需要には足りていません。資格だけ、就職していない「潜在看護師」と呼ばれるその数は71万人、その就業率は伸びつつもまだ高い水準にあります。

国や自治体は今、将来の医療ニーズを見据え、”眠れる看護師” の労力堀りおこしに動いています。就労サポートを充実させ、一人でも多くの労力を引き出す方向にあるのです。

 

再就職へ向かう気持ちがあれば、色々な情報、相談、あなたの背中を押してくれる、多くのサポートが用意された環境がそこにあります。

又、医療のニーズ拡大、健康意識への高まりで医療・健康に関連する産業は、今後の発展が期待される分野です。看護師の働き方は様々。医療のあるところに看護師の需要はあり、望むことで、今後、働くチャンスの場も広がります。

 

「あなたの看護師としての働き方、目指す像」。資格だけ、経験が少なくても、あなたにその “看護師として仕事がしたい” という気持ちがあれば、入り口は広く大きく開かれます。

看護師 就職へ向けてのサポート

「資格を活かして働きたい。」、「やっぱり看護師の仕事がしたい。」、「あの時できなかったこと、もう一度挑戦したい」。

あなたが “看護師として働きたい理由” は何でしょう。

 

看護師としての仕事は、救急、予防から健康、高齢者医療、終末期医療に至るまで様々な分野があります。就職は仕事としてどこから入っていくのか、その入り口を考えなくてはいけません。

あなたの看護師としての働き方、目指す像。そこをまずしっかりと考えることが大切です。就職に伴う心配や、不安なことがあれば、まず相談から初めてみるとよいでしょう。

 

看護師として一からのスタートを目指すなら、新卒や中途採用者の為の、独自の教育プログラムなどを備える大きな医療機関が考えに入ります。将来を見込む人材育成・確保の目的から、一から人材を育成するシステムがあるのです。

一般に、クリニックなど小規模な事業所は、即戦力を求めます。ですが最近の求人では、丁寧な指導” や、”ブランク、未経験可”、”スタッフ教育の充実” など、広く人材を募集する場合も多くあります。

 

あなたに扉を開き、サポート支援の見込める医療機関を視野に入れるのが賢明です。

最近では、希望するより早い時期に、復職支援サポートを受けることができます。潜在看護師の復帰に向けたサポートは、各地の看護協会やナースセンターでも積極的に取り組まれており、復職支援の研修もあるので、積極的に活用するとよいでしょう。

経験が少ないからこそ、不安に留まらず、前に進みましょう。求めれば、あなたをバックアップしてくれる「サポート」がそこにあります。

それぞれのステップ そしてスタート

以前働いていた健診機関で、40代近く未経験で護師として入ってきた方がいました。別の仕事からの転職で、子育てしながらの看護学校通い、卒業後資格を取得したばかりの “経験のない新卒さん”になります。

前の仕事は経理と接客がメイン。これからのことを考えての転職とのこと。「看護師の仕事をしたくなったから。」と転職の理由はシンプルですが、家事と育児をこなす中、看護師資格をとるというのは、強い意思と行動力あってこそのことです。

 

もちろん、全てがはじめてのスタート。「これから看護師としてやっていく」と強く望んでの転身。

大きい病院の方が、多く経験でき教育システムもしっかりしている。ゼロから知識と技術を得るなら、早い時期での病院勤務がベスト”、という選択もあったでしょう。

 

就職先を決めた理由は、育児や家事に過度な負担が掛からず、仕事との両立が可能、限られた分野でひとつひとつ技術を習得することから始められるから。何より、そこに”チャンス”があったから。

看護学校卒業後の進路は、就職のアドバイザーや家族とじっくりと考えて決めた。また、チャンスがあれば、全部面接を受けるような強い意識でのぞんだとのこと。

 

チャンスを逃さず、自身で決めた「立ち位置」でしっかり動いたことで看護の仕事をつかめたのではないでしょうか。

そういえば、看護学校を首席で卒業したのは、60代の方だったとか。始めることに年齢はなく、その人にとってのスタートの時がある と感じさせられます。

 

就職は、「あなたのステップでのあなたのスタート」です。

進むべき道、あなたの目指す看護師像

「看護師として働く」その目的に向かう時、他の誰でもない、自身の「立ち位置」でしっかり動く、そうすることで前に進めるのではないでしょうか。

最近では50代で復職する方も多く、その年代でこその活きる働き方と感じさせられます。介護施設などご高齢の方と接する時の、隣で寄り添うような接し方、利用者の方、働くスタッフにもより安心感を与えるものと思います。

 

一般には、「資格だけ、経験が少ない」のであれば、病院から経験を積んで、あるいは、医療行為のない介護や福祉施設での仕事からスタートとするという考えがあります。

ですが道は人それぞれ。就職する目的も違えば、年代も状況も違う。
“看護師として仕事したい” その気持ちにそうあなたの方向性にそって

 

他の誰でもない、あなたにとってのベストな選択が大切です。

おわりに

「資格だけで働ける?」、「経験が少ないけど・・」、といった再就職へ向けての不安。就職は一生で大事な決断。本気で考えればこそ不安や迷いが生じるのは当然です。ですが、動いてみれば道は開かれるもの。

社会に出て働くこと、特に人手不足の看護師の就職に関しては、周りのサポート体制も手厚く整っています。

 

“経験が少ない” だからこそ、チャンスがあったら、飛び込んでいくような姿勢が就職に活きてくるでしょう。

 今あるあなたを活かすこと、動き出したい時こそ出発のチャンスです。

 

 


にほんブログ村